09/02/2023
Breaking News

デジタル機器による眼精疲労

パソコンやスマホなど、デジタル時代において楽しいコンテンツは人々を飽きさせることがありません。しかし、デジタル機器に熱中するあまり、眼精疲労に悩まされる人も増えてきました。今回の記事では、そんな眼精疲労に悩む人へアドバイスしたいと思います。

まず、敵を知り己を知れば百戦殆うからずということわざがあるように、なぜデジタル機器によって眼精疲労が引き起こされるのか理解しましょう。デジタル機器、特にスマホはブルーライトをたくさん画面から放出しています。このブルーライトを目に長時間にわたって浴び続けることで、悪影響を及ぼすのです。

ブルーライトは視力機能を低下させるだけでなく、頭痛やめまいを引き起こす原因にもなっています。眼精疲労は慢性化しやすく、日常生活に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。そのため、目だけでなく体全身の健康を脅かしかねません。

それでは、眼精疲労に悩む人はどんな対策をとれば良いのでしょうか。最も単純な解消法としては、デジタル機器から目を遠ざけることです。たまにはアナログで読書や音楽を楽しむのも、有意義な過ごし方と言えます。とにかく、パソコンやスマホから目を離すことが一番の解消法です。

また、市販の眼精疲労用の目薬を差すのも有効な解消法でしょう。目にとって必要な栄養を多く与えることで、眼精疲労のみならず様々の目の疾患予防も期待できます。デジタル時代とあって眼精疲労は多くの人にとっての悩みですが、上手く対策して健康な目を維持していきましょう。